明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私共のような仕事をしておりますと、長期のお休みというのは案外気をもむものです。
特に今年は数年に一度の大寒波という予報もでておりましたので、数年前の市全体で発生いたしました水道管の凍結・破裂が起こらないかと心配になりました。
年始年末は多くの業者がお休みなもので、このような時に何か起これば手の施しようがないのです。

このような時に役に立つのは先人の知恵というもの。
することは簡単。
流れる水は凍結しにくいから少しずつ流しておけばいい。
ただそれだけ。

こんな簡単なことですが、知識として受け継いでいなかったり、誰かがなんとかしてくれるだろうと思っていたり・・・どうしようもないんですけどね。
昔は近所付き合いも活発でしたから、このような不測の事態には地域やご近所で助け合うということが多かったように思います。
今は個人の権利を主張するばかりで、助け合うこともできず(ご近所さんを知りませんからね)、家を守るのは個々人それぞれがする以外ないようです。
こういう時こそ携帯を使って調べて予防したりすれば良いのですがね。
異常気象が続く今の世の中自分の身は自分で守ること。これがとりあえず先決です。

異常気象だけでなくコロナの猛威もまだまだ続きます。
隣の市でクラスターが発生したと聞くと、やはり油断はできないなと今一度気を引き締めねばと思わされます。
こんな田舎なら大丈夫だろう、というのは危険ですね。
「早く終息」しますようにという新年の祈願が届くといいのですが・・・。

世間は波乱含みの幕開けとなった本年ですが、1年後に少しでも良くなっていてくれれば御の字。
少しでも良くなる一年になりますように。