築年数=古い?

いよいよ寒さも和らいできましたね。
桜も開花し春本番といったところでしょうか。

さて、タイトルの意味する所ですが・・・。
そりゃ築年数が経っていれば古いですよね((笑)
極めて当たり前のことです。

では、皆さまが考える古さとは??
畳がある?薄汚れている?キッチンや洗面が古い?
このようなことの総合をもって古いとお考えかもしれません。

ですが、築年数で全て排除するのはもったいないと思いますよ?

なぜか?

当たり前ですが、入居する前には綺麗に清掃をします。古くて使えないものは交換します。ヤニで汚れた壁紙は取り替えます。
つまり綺麗になっております。
交渉によっては台所や洗面台も新品になるかもしれません。

たしかに内見の際にはまだ清掃もできていないし物も古い状態かもしれませんが、これには理由があります。

入居が決まってない状態で完璧にしあげても次にいつ入居者が決まるかわかりません。
もしかしたら1年以上空くかもしれません。これでは退居後すぐに新品に変えても意味がありません。
だから、入居が決まるまである程度の状態でキープということになるのです。
新築の建物だって完璧に仕上がるのは入居の直前です。これと同じことです。

築年数が古いから中も古いだろうというのは早計ですよ。

なお、どれぐらいになるかが気になる場合は入居が決まってほぼ仕上がっているどこかの部屋を見せてもらえば良いでしょう。
ホームページなどでの写真は仕上がった状態を掲載していることが多いですが、やはり自分の目で見たほうが良いでしょうからね。

なお、弊社はアットホームでライン対応もしております。
ラインであればその場で写メを撮って送ることもできますから、物は試しにお問合せいただくのもよろしいかと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。