水道管・給湯器の凍結への対処法

寒いですね。

そりゃ凍結しますよ。水道管に給湯器。

このブログでも書きましたが、水を少しずつ出しておくこと、これが肝です。
事実しっかりしてくれている家庭は水はちゃんと出ております。するかしないか、これだけの差です。

今回新たに生じた現象は、昼間も気温が上がらず、昼に仕事などに出ている間に凍結するパターンがあったことですね。
ここまで寒いと風通しの良い物件は昼でも凍る。お気をつけください。

なお、知り合いの水道業者様より受けたアドバイスですが
「お湯はぶっかけないでください」です。

冷え切った水道管を温めようとして熱いお湯をかける人がいるそうですが、これはNGです。

キンキンに冷えた物を急激に熱すると割れます。割れるということは・・・水、出っ放しということです。

自然と溶けるのを待ちましょう。

水は出るけどお湯が出ない。これは給湯器が凍った証拠です。この場合も溶けるのを待ちましょう。

給湯器が凍らないようにするには・・・

まず給湯リモコンの電源を切りましょう。ここ大事!!
次にお湯側から水をいつものようにぽたぽた出しましょう。給湯リモコンの電源を切っていればガスの使用はないのでガスも安全です。
そしてお湯から出していれば給湯器も凍らない、ということです。
繰り返しますが、給湯リモコンは必ず切ってください。

あと、最悪のことを考えて、風呂の水はためておきましょう。
そうすれば風呂の水を使ってトイレは流せます。

できることをしましょう。
今回の寒波はコロナがなければなかなかの災害レベルです。
油断しないよう気を付けましょう。